2016年11月20日

ドラムを運搬するキャリーカート HC-700の使用感



私も、ドラムをやっているので、スタジオへ行く際は基本〜電車やタクシーを使います。

器材を載せて移動するキャリーカートとして、HC-700というキャリーカートを使っています。
もう6年くらい前から使っていて、今のが2代目です。

作りは頑丈で、器材を載せての移動にも安定感あります。車輪も細くないので〜動きも良いです。

超短時間ですが、「サクっとこんな感じ」な動画を撮りました〜。器材をロープで固定する動作はしてませんw(一応、手には持っているんですけどね^^;)



このキャリーカート、高さが110cmくらいあるので、背中を曲げずに牽いていけます。
タクシーで移動する時も、トランクに積めます。トランクに入れる時は取っ手を短かく縮めて下さい。

私の場合、スネア・ペダル・シンバル(H/H,'20クラッシュ,'20China)を持参してスタジオへ行くので、それぞれのケースに入れて、移動するには〜このサイズのキャリーカートであればOKです。これより小さいサイズだと、、難しいですね^^;












×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。